或る二世経営者のホームページ ~香山廣紀 かく挑み、かく歩む。~

香山草紙 小説集


小説については、全くのお遊びで以前にしたためたものがあり、それを読み返してみると、今の自分の根っこをなしていると思い、掲載することにしました。
実は、ずっと昔は小説家になりたかったのですが、父の後姿を見ていますと、やはり事業家になることが宿命だと悟り、現在に至っております。
時間を作り、小説を書いて、このジャンルが増えていけばとひそかに願っている私です。

■椎名町にて候 ~おき去りにした青春~   北見俊介 著