或る二世経営者のホームページ ~香山廣紀 かく挑み、かく歩む。~

或る二世経営者の挑戦


第二部 ~豊かさと自由を求めて~


第二章 ゴルフについて二言目

あれは2年前の8月の水曜日。しかも雨が降っていた。
その日私は上月カントリーでラウンドをしたが、アイアンの切れが全く駄目で、スコアは兎も角内容がバラバラだった。慌ただしく入浴をすませて帰路に着い た。その頃から降り出した雨は、途中高速道路にさしかかると一段と雨脚が早くなった。自宅を通り過ぎ、新光グループの一つが経営しているゴルフの練習場へ 私は直行した。百球ばかり打つと、自分で納得出来るショットが多くなり始めた。センターハウスの中で少し休んだ後、打席の方に目を遣ると友達が来ていたの で、ひやかし気分も手伝って近づいて行った。
近づくにつれ、私の耳に今まで聞いた事もない心地よい打球音が響いてきた。それはまるで鼓を打つ音に似ていた。ふと目を遣ると、お世辞にも色白とは言えな い、小柄な女の子が近寄り難い雰囲気を醸し出しながら、一心不乱にボールを打っていた。それでも私は、
「君は何処かの研修生か?」と尋ねると、その子は
「とんでもない」と、手振りも添えて答えた。
「じゃあプロか?」重ねて尋ねると、
「と、とんでもない」前よりもより一層大きなジェスチャーで答えた。
鈴原玲美と私の最初の出会いだった。彼女はその年のプロテストに見事合格し、(これは後から聞いた話だが5度目の挑戦だったらしい)色々と紆余曲折の後、 現在上月カントリーからサンホーム兵庫の所属プロとして、今まさに飛び立とうとしている。主な戦績としては'98年日本女子プロ選手権27位、くらいだが 私は近い将来必ずシード選手として活躍してくれると信じている。声にこそ出さないが私の身の回りにいる半数以上の人達は、プロゴルファーとの契約を好しく 思っていないだろう。彼女の頑張りが全てを払拭してくれる。私は何もしてやれないが、ただひたすらいつかは訪れるであろうレギュラーツアーでの彼女の初優 勝を待つのみである。私の父はゴルフ好きが高じてゴルフ場を作った。私は所属プロと契約した。どちらも経営者としてはあまり誉められた行為ではないが、孤 独な経営者の少しの我が侭と贅沢だと思って許して欲しい。
ある百人ほどのゴルフコンペに参加した時の事である。表彰式が執り行われ、私がべスグロ優勝(確か77だったと思う)をし、賞品を貰い返ってくる背中で、 『さすがやなァ』とか『立派なもんや77やで』と云う声を聞いた。その瞬間である、私は今日で今までのゴルフと決別し、明日から全く新しいゴルフに取り組 む決断をした。つくづく限界を感じたのである。『このままならせいぜい自分のゴルフもここまでだ。とても60台など望めそうもない。やれる所までやってみ よう。変えたからと云って必ず良くなり、60台が出ると云う保証はないが、今のゴルフを後生大事に続けていては絶対一生かかっても60台は無理だ。これは ゴルフのパラダイムチェンジである。企業なら一か八かの戦略など取れないし、またやるべきではないが、これはゴルフだし所詮遊びである。仮に失敗したとし ても自分だけの事ではないか、他人に何一つ迷惑懸ける訳ではない』
次の日から自分で言うのもおこがましいが、涙ぐましい努力が始まった。所謂'ハンマー打法'がスタートしたのである。師匠は本とビデオである。出来るだけ ラウンドは控え(その当時は年間40ラウンド前後だった。今は多少反省しているが約倍の80ラウンド位だと思う。《控えなければと思っている今日この頃で ある》何故ラウンド数を少なくしたかと云うと、コースに出るとどうしてもスコアに拘ってしまい、元のフォームやイメージに戻ってしまうのである。また、こ れまでに数々の怨みを買っているものだから、今更ハンディを甘くしてくれとは言えないし、また仮に言ったとしても聞いてくれそうもない良い友達ばかりだか ら、当然の事ながらチョコレートを払う事になる。それも嫌で隠れていたと云うのが本根である。その当時の事を今、「お前は2年くらい逃げ回っていた」と指 摘されている。どれくらい控えていたかと云うと年間12~3ラウンドで、どうしても断りきれないコンペにしか参加せず、(時々試してみたくなって、本当に 優しい友達とこっそりコースに出かけていた)毎晩、しかも出来るだけゆっくりとしたスローモーションのような素振りと練習場に通いつめる毎日だった。練習 場も1ヶ所だけでは、「また来ている」と思われるので、3ヶ所くらいの練習場へ交互に行っていた。
そうこうしている内に1年が過ぎてしまった。が、いっこうに当初描いていたゴルフに到達するどころか、一筋の光も出口も見えて来なかった。私はさすがに焦 り出した。もう一度本を読み直したりビデオも何回も見直した。私は思い余って本の訳者(*ハンマー打法とはアメリカの物理学者が考えたゴルフ理論)に電話 をした。彼は大阪に住んでいる事が解かったので、「是非教えてもらいたい事があるのでそちらに行きたい」と言うと、運良く「近日中に姫路の練習場へレッス ンに行くのでよかったらそこで会いましょう」と云う事になった。しかし、彼が説明する事柄は総べて私が本やビデオで知っている事ばかりだった。私はがっか りし半ば諦めかけた。
「誠に申し訳ないが少しボールを打って見てくれませんか?」藁をも掴む思いで頼んでみた。彼は「いいですよ」と気軽に打ち始めた。私は全身に電流が流れる のを感じた。10球、20球と数を重ねていくうちに、私のもやもやは完全に晴れて行った。
「もういいです。ありがとうございます。解かりました。自然ですね、ナチュラルなのですね。このゴルフの神髄は!」
私は今まで余りに理論に拘りすぎていたのである。理論を超越した自然が最も大切だと云う事に気がついたのである。"在るが侭に受け入れよ"なのである。ゴ ルフは全く人生そのものなのである。それからの私は明るい光に向かって進みさえすれば良かった。半年ほど後に私の"ナチュラルゴルフ"は見事に完成したの である。
今私のJGAハンディは『3』である。ハンマー打法導入以前は『10』だったから格段の上達ではあるが、実はここまでの道程について少しだけ話しておかね ばならない事がある。私は、前著にも書いていたと思うが、ゴルフは楽しめばいいと思っていたし、上手くはなりたいがとりわけハンディを上げたいなど思って もいなかった。むしろその逆で「そのハンディ嘘やろ」と言わせて喜んでいたタイプだった。ゴルファーとして尊敬するある友人に
「北見、その考え方はあかんで。もっと真面目に取り組んだらどうや」と忠告されたことと、鈴原玲美と出会ったのを契機に、本気で極めてみようと思った結 果、とんとん拍子にハンディが上がり『3』まで到達する事が出来た。因みに多少皮肉っぽい言い方をすれば、忠告してくれた友人のハンディは『6』であり、 追い越してしまった。
しかしながら、今のところ大した戦績がないので余り偉そうな事は言えない。『70』というスコアは出たが、60台は未だ出していない。クラブチャンピオン にもなっていない。今年は密かに狙っているのだが、その前に大きく立ちはだかっている嫌な奴がいる。名前を"金子敏郎"と言うハンディ『2』の男だ。どの 位嫌な奴かと言うと、先ずドライバーの飛距離と正確性がこの私より遥かに優れている。フェアウェイのキープ率が85%を下らない。しかもアイアンの切れも 抜群で、パーオン率はこれも信じられないと思われるかもしれないが、80%は充分ある。それでは全く勝ち目がないかと言うと、そこは彼も人間である、泣き 所がある。グリーン周り、特にパットに難点がある。私の付入る隙はそこにしかないのだ。年間彼と40ラウンド位はしていると思う。比率から言えば2勝3敗 で少々分が悪い。私と当る前に誰かに早い段階で彼が負ける事を、毎日毎日祈っている今日この頃である。
最後に北見俊介作詞、北見あずさ作曲ハンマー打法の唄を記してこの章を終わりとする。
 

【ハンマー打法の唄】
 

  1. まずははじめに グリップだ
    右手でハンマー 握るよう
    指ではなくて 手のひらで
    腕とクラブは 一直線
    シングルプレーン シンプルに
    21世紀の ゴルフだ
    ハンマー ハンマー ハンマー打法
  2. 次はアドレス しっかりと
    ワイドスタンス かまえたら
    腰の回転 気にせずに
    ボール打たせりゃ 世界一
    われらが神様 モーノーマン
    21世紀の ゴルフだ
    ハンマー ハンマー ハンマー打法
  3. 今のゴルフは むずかしい
    自然に帰れ ナチュラルに
    潜在意識を 信じましょ
    夢は大きく 60台
    初心者ベテラン 皆おいで
    21世紀の ゴルフだ
    ハンマー ハンマー ハンマー打法


■PDFで読む